Winter travel in Okhotsk 2010 part 1/3

I wanted to go out my home except my work.
So, I went to Okhotsk in East Hokkaido.
I lived in there past.
I like there.


蓮氷
Ice likes a lotus-leaf.

前回、煮詰まってる感覚に苛まれてきていたので
期間は短いけど、道東の空気を吸いに行ってきました。

札幌の端から夜中に出発、高速は土日1000円を利用して
翌朝には網走に。

延々と暗いまっすぐな道を走り続けてきて、
信号が無く楽なのだが、刺激も無くそちらとしては辛い。

高速道路の建設計画も進んだようで、
札幌から網走までほとんどの時間を自動車専用道で進んでいけるようになってきた。

網走の港に着くと、水の動きの少ない小さな埠頭の周りには
上のような蓮氷が張っている。

でも、出発直前に張り出した暖気のせいで、蓮氷も厚さが無くペラペラだった。


少しの流氷帯
Drift ice

今年はがっつり流氷来たので喜んでいたんだけど、
まーこれが相当な沖までいなくなってて岩に引っかかったような
小さな流氷がちょっと残ったくらいだったのが残念。


オジロワシ
White-tailed eagle

とはいえ、ちょっとうろつくだけですぐに目に付くオジロワシ。
さすがは道東といったところ!

網走湖ではアザラシがくつろぐ姿を期待したのだけど、
河口堰の工事の影響かな、1頭も姿見ることが出きなかった。
ここは結構期待してたので、残念感は大きかった。

ただ、年取ったからなのか、
生き物見るスタンスが変わったからなのか、
なにか根本的に脳みそが改造されたからなのか、
残念であっても別段悔しい気持ちはない。

昔だったら旅に出るときは「◯◯を見るんだ(撮るんだ)!」と出かけていったので、
その分エネルギッシュだったけど、外れるとイライラしていた。
今は情熱、という感じのものはなくなってしまったけど、
いい言葉で言えば余裕がある。

写真撮る人間としては、エネルギーを傾けて撮影するのが
自己表現が強く出て良いような気もするものの、
私の撮影したいと思うものは、「緊張」「一瞬」「衝撃」より
「なにげなさ」なので、エネルギーに欠けてしまうのは仕方ないのかも知れない。

私の場合は、緊張しながら、あるいはイライラしながら撮影すると
あんまり良い結果が残ってこないので、
晴耕雨読みたいなナンパ撮影旅行だった今回は
いくつか気に入った写真が撮ることが出来た。

それらは、またいずれ別の場所で紹介したい。


ワシカモメ?
Glaucous-winged Gull?

網走の海岸でよく見ていたカモメどもも、環境が変わったせいか、見づらくなっていた。
以前は頑張って、セグロカモメの系列の細かい種類を識別出来るようになってみたいと
頑張った時期もあったのだけど、どうにも覚え切ることが出きず、
しばらくカモメを見てこなかった。

久しぶりにカモメを見ると、基本的な種類と思っていたものも
だいぶ曖昧になってしまいました。

念のため、なんか変なやつだな?と思ったやつなどは
写真を撮っておいたけど、定期的に自分の目で見続けるということが
どの動物の識別でも、必要なことだと思われます。


ゴマフアザラシ
Spotted Seal

網走の港で昔は時々浮かぶゴマフアザラシを見ていたので、
人気少ない埠頭に行ってみたところ、アザラシがやっぱり寝そべってた。

7~8年前には一度ワモンアザラシらしい個体の迷入も見かけたけど
これはやっぱりゴマフアザラシっぽく見える。

もっとよく観察しようと思ったときに、目の前でカモメどもが
大喧嘩をはじめて、それに気を取られているうちに
アザラシは消えてた。。

なんてこったい。

昔から、網走にアザラシ見に行こうぜ!と言おうとすると
口が回らず、「アバラシ」を連呼していたので、
個人的に網走のアザラシのことを「アバラシ」と呼んでいたのだけど、
同じように考える人もいたようで、twitterで
「アバラシと呼んでくれてありがとう」と何故か礼を頂いた。

「アバラシ」派と、他地域と同じく「アバちゃん」派に分かれているようだけど、
アバちゃんはなんかコンニャクウオとかビクニン系の魚の
アバチャンみたいで、なんかかわいらしさがないように感じる(^^;

アバチャンの姿は下記を参考にされたし。
アバチャン画像検索


オオワシ
Steller’s sea eagle

道東はひらけているのと、オオワシやオジロワシの飛来個体数が少なくないので、
電柱にとまってる姿を時々目にする。
よく生き物ドキュメンタリーで放送されるオオワシとはイメージが
結びつかないもので、なんだか違和感を感じるが、
かなりこの姿は普通。
オホーツク名物電柱オオワシと呼んだりもする。(個人的に)

写真に写っているハシブトガラスと比べれば
オオワシ大きさはなんとなく想像できるけど、
とにかくデカイ。

でかいけど肝っ玉はあまりでかくないので、
人が歩いたりしてると結構簡単に逃げてしまう。
さらに夢のないことを言うと、
オオワシもオジロワシも、トビと同じような餌のとり方をしていて
いわゆる「死体処理班」的な役割の鳥です。

他の動物をガーっと襲って食べている姿は、そう簡単には見ることが出きません。
でもまれには襲うことがあるので、
オオワシやオジロワシが上空を飛ぶと、カモやカモメは跳び回って逃げます。

しかしこれがトビだと、スズメすら逃げません。
ちゃんと識別してるんですね。


オオセグロカモメ
Slaty-backed gull

濤沸湖はカモメがうじゃうじゃ溜まっているので、
とりあえず個体の写真は撮りやすい。

でも、なんか殺気立ってて、他の個体との干渉も多いので、
あんまり好みの場所じゃない。

水面がちょっといい感じに光ってたので
こういうのバックで撮ってみようと思ったのに、
嫌がらせか?かならずこういう表情(なんかくれ!)してくるもんで
萎えてすぐ引き上げてしまった。

そういえばパンまき再開したみたいだね。
鳥インフルであれだけ大騒ぎしてたのに、
すぐもとに戻るものだね。


オオハクチョウ
Whooper Swan

オオハクチョウもとても絵になる鳥なんだけど、
すぐ飽きちゃうんだよね~。

自分の中のオオハクチョウのイメージは
1年だけ売れるお笑い芸人のような…
一発芸がとてもインパクトあって、面白いんだけど
すぐ飽きちゃうんだけど、それしか売れないからずっとその
一発芸を続けているような…。

オオハクチョウさんごめんなさい。
人間にみせるためにディスプレイしてるわけじゃないんだもんね。


キタキツネ
Ezo red fox

濤沸湖は、色んな意味で餌が豊富なようで、
よく湖面の氷上をキタキツネが歩いてる。

間近で見るキタキツネも面白いけど、
これくらいの距離で見るキタキツネにはかっこよさを感じるな。


シロカモメ
Glaucous Gull

シロカモメも間近だね。

ということで、そろそろ別地点に移動するのでございます。(part2/3に続く)


Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA