Secret hot spring

I went for a trip of search for Japanese odd-tooth snake of 500km.
However, Japanese odd-tooth snake was not found.
I found the toad which cannot have inhabited in Hokkaido instead.


アオダイショウの抜け殻
Japanese ratsnake

石狩で昨年見つかったシロマダラだが、
その現場付近のフィールドをしたことがなかったので
環境を見に行ってきました。

気温は低くて全く期待できなかったのだけど、
意外に多様な環境があって、
ラインセンサスを続けたら面白そうな場所が4か所ほどあった。

その中の一つで見つけた、アオダイショウの抜け殻。
道路で、風にも飛ばされず夜に抜け殻を発見する確率は
生体を見つけるより難しいんじゃないか?

しかしそんなことなら生体の方を見たい…。


アズマヒキガエル(おそらく)
Toad sp.

フィールドの出だし、石狩の南西部で嫌のものを見つけた。

画像も一部自粛してあるが、農道でカエルが轢かれていた。

轢かれガエル(某千石S一氏受け売り)。

轢かれていなければそのまま観察したりもしなかったのだが、
轢かれていたので確認してしまった。

イボイボ…。ヒキガエルだ。。。
ヒキガエルの轢かれガエルだ…(某千石…)

北海道にはヒキガエルはもともと生息していない。
2004年発表の北海道ブルーリスト(外来動物リスト)でも
国内移入種として扱われ、函館や旭川での記録があります。

ブルーリストの文献探しを今は仕事にしていますが、
ヒキガエルはあちらこちらに広がりつつあります。
そんな中でも石狩での文献は見つけられていなかったので、
標本として保存することにしました。

標本にするにもホルマリンもアルコールも持っていませんがな。
しかももう夜なかでドラッグストアも開いてないがな。
しかも明日の夜までフィールドの予定でんがな。

仕方なく、コンビニでワンカップの焼酎を購入。

アルコール度数本当は70%必要だけど、
とりあえずワンカップの20%でも腐敗防止にはなるだろう。

ということで、ヒキガエルの焼酎漬けを作った。

これを車内に置いておくと、アルコールが臭い出して
もしかしたら警察に捕まるかもしれない。

ということで、柿ピーも買ってチャック付きのプラ袋も入手。
ワンカップ瓶をチャック付きのプラ袋で密封した。
この標本は後日酪農大学に置いてこさせてもらいました。


ガムシsp.
Water scavenger beetle

札幌に比べてとても昆虫が多い。

これ、ゴキブリかと思った。次にゲンゴロウかと思った。
だけど脚がひれ状じゃないのでガムシだとわかった。
結構りっぱなサイズ。

周りにはカブトムシもいっぱいで、困ったもんだ。
カブトムシも北海道では移入種。


マイマイガsp.
Gypsy moth sp.

uoooooooooooooo

電柱がガだらけだ。

死ぬかと思ったが、この光景は残さねばならんと思って
写真を撮ったが、ビビりながら撮ったので適当な写真になってしまった。
マイマイガの仲間だと思う。

この地域はアイヌ語で「ヘビの多いところ」という場所なのだけど
確かに環境はヘビたくさんいそうだった。

だけどガがいっぱいいた。


秘湯
Hot spring

札幌から石狩経由で増毛まで行き、
そして一気に日本海側に沿って小樽、余市。

そこから積丹半島を横断して神恵内村を経由して
岩内まで行った。

この温泉は岩内の温泉。

山の中にあるんだけど、
そこに向かう道が今回のフィールドの林道のどれよりも厳しかった!

昨夜からだいぶ体が汚れたもんで湯で流させてもらった。
露天では足湯みたいに浸かって、運転続きだった足が気持ち良かった。


シマヘビ
Japanese four lined ratsnake

温泉と言えばヘビなわけだが、ここも例外ではない。
しかし残念ながら第1発見は死骸でした。
しかも自分には遭遇率の低いカラスタイプ。
これは残念じゃった。


ニホントカゲ
Japanese skink
ヒガシニホントカゲ(2012)
Eastern Japanese skink (2012)

温泉と川と開け気味の草地があればニホントカゲは非常に多い。
めっさでかいのに、縞々個体もいて、ちょっと興奮した。
さすがに尾のブルーは全くなくなっていたけど。

♀なのかなあ。

あ、写真は別個体の幼体ね。


アオダイショウ
Japanese ratsanke

っと、やっと生きた蛇を見つけた。
穴からアオダイショウが顔を出している。
かなり色の綺麗な奴だね。

だけど、穴に入っている限りはこちらから手を出しにくい。
全身を拝んで写真を撮りたいのだけど。

こちらが少しでも動くと穴に引っ込んでしまう。
それを5回ほど繰り返したので、

「この穴はどん詰まりで、他に逃げ道はないな…」

と判断して少し穴を掘ってアオダイショウを捕まえようとした。

しかし。
掘ってみたらネズミ穴のように穴の中は逃げ道満載だった。

見事に逃げられてしまった。
痛恨の判断ミス。

それを最後に、札幌に戻って行きました。
24時間、総移動距離500kmでした。

Baikada’s main website
Wild Home

2 Responses to “Secret hot spring”

  1. ヒヤマトモヒロ より:

    この「秘湯」は、先日僕も行ってきました。
    林道、確かにエキサイティングでしたね。
    現場では動物に会えませんでしたが、
    ここの近くの海岸でマムシに出くわして
    テンションアゲアゲでした。

  2. ばいかだ より:

    ヒヤマさま
    秘湯に行きましたか!
    マムシ、日本海側多いんですよね。
    私も死体は多かったけど、
    久しぶりに個体数見れてアゲアゲでした。