Gambling

I took a picture of the macro with high magnification.
However, like the range in the focus for which it was suitable was narrow, and my taking a picture was gambling.


ワラジムシの仲間
Sow bug

最近、フィールドに出れていないなぁ、という
やや脅迫観念にも近い感情のなか、太陽に当たるのもよかろうと
近所の山にカメラ持って行きました。

先日DIYで作ったHydra stroboを持ち出しました。
野外初デビューです。

あのストロボを使って、
微細なモノどもを撮影してみました。
ちなみにワラジムシはノートリミングの単純縮小写真。
ちょろちょろしよるから、枠に収めるのも大変。

成功か失敗か。まるでギャンブル。
日の丸構図でも大成功と言ったところ。


ダンゴムシの仲間(♀)
Rolly polly

超マクロだけど、ストロボ使えば絞れるから、こんな団子でもそこそこ撮れる。
でもこれも絞っていてもフォーカス厳しいのでピンボケかどうか、これもギャンブル。


クサギカメムシ
Stinkbug sp.

ギャンブルに負けるとこうなるんだ。
手前じゃなくて奥の目にピント。
そよ風すらも敵になる。

負け要素の強いギャンブル。


ハシブトガラス?
Jungle crow ?

相手が動かなくて、平たければ結構頑張れるんだ。
鳥の羽根の構造。
フクロウなんかとったら面白そう。


ブタナ
Catsear

こんなにたくさん、立体構造があると
どこにピント合わせて良いかわかんなくなる。
タンポポ、と言いたいけどブタナ。
花だけ見ると間違えそう。


ヒメトビイロケアリ?
Ant sp.

こんだけ寄れれば、アリの細かい構造も見える。
トビイロケアリか、ヒメトビイロケアリか。
違いは

触角柄節、前脚脛節に立毛が全くないか,あるいは非常に少なく10本以下であることや体長が幾分小さい

のだそうな。

縮小する前の原版見ると触角柄節と前脚脛節の毛もある程度分かる。
そこから見ると毛はかなり少ない…?
ヒメトビイロケアリかもしれないけど、札幌でメジャーなのはトビイロケアリらしい。

ちなみに黒いブツブツはアブラムシの仲間だ。

夜間にはヘビモードでドライブ行ったが、
暖かいのだが何か、生き物がいない感じでジムグリの轢かれたの1匹のみ。

しかも計測しようとしたら、まだ動いてて咬まれた。

新鮮な死体見るだけにもブルーなのに
それが生きてて、びっくりで
しかも咬まれるなんて、ものすごいブルー。。。

限りなく漆黒に近いブルー。

Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA