Origin

picture

Lycodon ruhstrati maltifasciatus
White banded wolf snake
先島梅花蛇(サキシマバイカダ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1000*

.

自分のハンドルネーム『ばいかだ』のもととなったヘビ、サキシマバイカダです。昼光下で撮りましたが、本来は夜行性のヘビです。
It is White banded wolf snake which the snake of a photograph became as for the thing of my nickname “Baikada”. I took a photograph at noon, but it is originally a nocturnal snake.

彼は気まぐれに現れます。そして爬虫類しか食べない偏屈者。体型も1mを超える個体でも太さは親指程度。そして、地味。見ようによってはその名の通り、梅の花をちりばめた紋様にも似た可憐さを持つ。自分は…。まあ、いろいろ親近感を持つのですよ。偏屈だし、痩せて長いし地味だし。だから『ばいかだ』という名前をいただきました。漢字でいえば『梅花蛇』です。中国や台湾で近い仲間が居ますが、サキシマバイカダほど細くはないそうです。
He shows up capriciously. And, he is an obstinate snake which only reptiles eat. In his figure, the thickness is a thumb level in the individual that exceeds 1m. And, he is sober. I am having a sense of closeness variously. I am also obstinate, and it is long, and sober becoming thin. Therefore, I got nickname “Baikada”. The meaning of Japanese of “Baikada” is a snake like plum blossoms. It seems not to be thinner than White banded wolf snake though he has a kind near China and Taiwan.

さて、彼は半端に攻撃的です。すぐ咬んだりするけど、あまり激しく威嚇せず逃げ回る個体が多い気がします。威嚇してもすぐ止めてしまうので、あんまりゆっくり撮れない…。また結構ちょこまか動き回ります。そしてなにより細い割に長いです。結構撮りにくいタイプかも?全体像を写しても細長いので、小写しになってしまい、撮りたい特徴が出てくれません。かといってアップにしてもなんか魅力を伝えにくい。加えてなかなか出会える蛇ではありません。なんと気がつくとロクな写真が残っていません。
He is a little aggressive. I think that he gets bite immediately, but it to tend to run around without threatening it too much. Because he stops the threat posture soon, I cannot slowly take the photograph. In addition, he moves well. And he is very long though he is thin. May it be to be a snake of the type that it is hard to take to a photograph? It is taken small, and the image that I want to take doesn’t come out because it is long and slender even if his whole image is taken. The charm is not told easily even if he is improved and it takes a picture. Furthermore, he is not readily a snake to be able to come across. A good photograph is not left at my hand when I notice.

まだ彼の(自分の?)魅力を引き出すため、じっくり撮影するために生息地に足を運びたいです。
I still more of him (of myself?). I want to go to visit a habitat to draw charm to photograph it slowly and carefully.

Baikada’s main website
Wild Home

4 Responses to “Origin”

  1. OIKAWA より:

    僕はこんな感じのヘビは大好きなので飼いたくなりますが、爬虫類食いとは餌の確保が大変です。最近、何でもペットにする傾向がありますが、飼育するならその種を徹底的に調べてから飼うべきだと僕は思っています。そうすれば、大きくなりすぎて飼えなくなったなどと言う事は無くなると思うのですが...。僕の場合魚の飼育がメインですが(今は飼ってませんが)、累代飼育こそ飼育と思っています。

  2. baikada より:

    OIKAWAさん
    以前、運営していたサイトで、「こんな動物を捕まえたんだけど、飼い方を教えてください」という質問を多数受けました。
    返答に苦渋するケースも多くて、放してきた方がいいです、と答えたケースもたくさんありました。
    一時の感情で飼育に走るより、先のことを考えて行動をしてほしいと、私も思っています。

  3. クワ より:

    美しい生物ですねえ。

    ヘビは特殊な方向に「進化」した実に面白い動物ですが、このサキシマバイカダはその中でもエレガントです。一度、観察したいものですね。

  4. baikada より:

    クワさん
    エレガントで、かっこいいヘビですね。日本では最近、こんな事件がありました。
    > 珍蛇サキシマバイカダ、飛行機に乗って侵入
    特に南西諸島のヘビの進化は変則的で、とても興味が湧いてしまいます。