Viviparous lizard

I moved at 700km a day.
My purpose is to take a picture of the viviparous lizard.
It cleared up though I worried about whether it rained.
I took over 200 photographs of viviparous lizards, and came back.
However, I couldn’t take creatures photographs other than the viviparous lizard.


コモチカナヘビ
Viviparous lizard

あまり体調に自信が持てず、連日の宿泊フィールドは厳しそうなので、
日帰りで道北に行ってきました。

往復700kmでした。

動ける日には動ける限り動く、
ストイック作戦に生きることにしたのですが、
今回のの撮影はかなり厳しかったです。

早寝して、夜中の24:00に出発。
少しでも切り詰めるために高速道路は封印。
(夜中でETC使っても往復なら5000円近くかかるからね…←記事書いてた当時ね)

途中でキタキツネを6匹つ見かけた。
夜中の2時、3時でも動き回っているんだねえ。
でも、途中で停車してゆっくり撮影できる道路状況ではなく。
後ろ髪を引かれつつも、日の出到着目指して北へすすむ。

オロロンライン(日本海側の国道)は留萌をこえたあたりから
かなりスッキリしています。
まっすぐすぎて退屈にもなるけど、それでも時々町があるから
高速よりもいい点はありました。

日の出は稚内の直前に迎えました。
日の出なんて見るの久しぶりだよ。。。

出発から6時間弱、ようやく稚内市に着いた(^^)
高速道路使っても1時間くらいしか違わなかったかも。

コモチカナヘビの出現時間を十分に把握していないから、ちょっとあせった。

草原周辺は前夜の雨がひどくって、路面も地面も乾いていない。
ちょっと草むらを歩いただけでびしょびしょ。
自分がトカゲだったら、今、この場所に出てくるのはいやかなあ。

5:30、6:30と去年コモチカナヘビを確認している草むらを歩くが、
コモチカナヘビは出ていない。
やばいな…。はずしたら泣く…。

7:30。
歩いていると、カサッと草むらに飛び込む音が聞こえた。
よく見ると、ようやく1匹目のコモチカナヘビを見れた。
じっと待ってると、すぐ草むらから出てきて日向ぼっこを再開した。
緊張感の無いやつめ。

数年前は日が上がりすぎた時間に行ってしまい、
個体数もあまり見れず、素早く逃げられるなどで
十分撮れなかった。

去年は朝早く行ったのだけど、木道の照り返しや、
朝日による逆行などでこれまた十分に撮れず。

今年はその反省を活かして、自作兵器(フラッシュ備品)もいくつか持って挑んでみた。
レフ板で間接フラッシュで撮ったり、殺人逆光を傘で止めてみたり。

効果はそこそこあったので、
今年は躍動感のある写真は撮れなかったけど、
差のある個体をいくつか撮ることができた。

でかいカメラとレンズにフラッシュつけてそこから針金生えてて、
レフ板つけて傘持って歩くのは相当怪しい姿だけど、
誰も来ない場所だから良いのですよ。

まあ、誰か来ても開き直るしかないんだけど(^^;

風にあおられてピラピラするレフ板に、
コモチカナヘビが驚いて逃げられてしまう弊害はあったけど、
今回はまあ、成功。
今後改良を加えていきましょう。


コモチカナヘビ(尾切れ)
Viviparous lizard

この尾切れは痛そうだ。
自切、というより根元から食いちぎられた感じ。
これは再生するのかなあ…。

その後は一気に30匹以上のコモチカナヘビを見ることが出来た。
しかし、緑っぽい個体は1個体しか目にする機会が無かった。
その1個体を何とか撮れて良かったよ。

幼体は皆無だったなぁ。時期的にいっぱいいるはずなんだけどな。
時間帯が悪かったかな。

で、9:00にはコモチカナヘビを切り上げ、
ゴマフアザラシが越夏してないかな~と、
抜海にいってみた。

わくわくしながら探してみたけどナンモイネ。
ゴマフアザラシっぽいテトラポットや、
ゴマフアザラシっぽいゴミがあった。

仕方ないから鳥でも探そうと思ったら、
双眼鏡忘れてきた…。

しかも、ウミネコとオオセグロカモメしかおらんかった…。

帰ろうとしたら蛇が轢かれてた。
全く模様が無いので、ジムグリに見えた。
でもぺちゃんこになった頭に違和感があった。
アオダイショウかも…?いや、シマヘビの麦わら…?
と思って、体鱗を数えたら胴の中央で19。
シマヘビだった。

こんな見事な麦わら、生きて会いたかったっすね。

だいぶ疲れてきたので、車の中で昼寝しようと思ったんだけど
ギラギラ太陽がきつすぎて車内が蒸し焼きになるので、寝れない!
ということで、ゆっくり帰ることに。
窓開けて車動かしたほうが涼しいよ…。

帰路の中間地点、羽幌フェリーターミナルでお昼を食べつつ、
「天売島に渡りてぇぇぇぇ」と、叫ぶだけ叫んで、さらに南下。

ルートを確認していたら、
江別を通って帰ってもあんまり距離が変わらなさそうなので
なかじさんと佐藤さんの写真展を見に行く。
(二人十色展、江別市野幌の自然ふれあい交流館で2008.9に写真展が開催されています)

お二人の写真は、さすがとても綺麗。
自分は、なかじさんの「緑」や佐藤さんの「赤」のような写真を撮りたいな~。
疲れた体を目から癒してくれる写真展でした。


マツムラナガハナアブ♀
A kind of Syrphid fly

その辺で見かけたスズメバチ
…もどき!
顔が思いっきりアブですな。

そのあと、ここまで来たら、動ける日は徹底的に動こうと思って、
来年以降のためにも夜のヘビポイント探し。
札幌周辺では、なかなか本州のように
「蛇がいそうな林の中を車で流せるポイント」がないので、
そういうところをチェックしに。
成果は全くなかったけど、雰囲気の良さそうなとこは2ヶ所あったよ。
これであと蛇がいれば文句なしなんだけどね。

来年は札幌周辺、もしくは北海道内のヘビを徹底的に探すことになるかも。

22:00、自宅到着、全てを終了。

その後1日は元気だったが、
そのあと2日間死んだという。。
筋肉痛みたいだ。。。(しかも若くないタイプ)

Baikada’s main website
Wild Home

Comments are closed.