Stag beetle

I returned from trip. I feel very comfortable, in Hokkaido. Because it is not very hot. In the night, I went to look for a snake that is Oriental odd-tooth snake. I didn’t find that snake, but I found a stag beetle!

ムネアカクロジョウカイ
A kind of soldier beetle

北海道に帰ってきた。体がなまってしまうのも怖いので、無理やり体動かしに行った。今年はジムグリに会えていないので、ちょっと期待したけど、暑すぎた。やっぱりいくつかの虫たちに出会うのが関の山でした。

ジョウカイボンの仲間は少なくないようなのですが、ほとんど目にしているのはジョウカイボンとアオジョウカイだけ。この間、関西でキンイロジョウカイを見て、感動してた。それから少し注意してみているんだけど、ようやく新しいジョウカイボンにあえた。

ムネアカクロジョウカイ。もしかしたら今まで、目にしていたけど気にしていなかった虫だったのかもしれない、というのが素直な感想。ちゃんと探したら今年中にもう数種類は増やせそうかな。

マユタテアカネ
A kind of dragonfly

アカネの仲間は識別がまあまあ、ややこしい。羽に黒い(褐色)帯がないと、胸の模様が重要になってくるんだけど、下の石の照り返しのせいで、ほとんど見えない・・・。

その時観察していた印象などからは、マユタテアカネっぽかったけどね。見ている時は種類はわかってない。あとで、図鑑で調べてみて、「あー、アレがマユタテアカネか…」そんな感じ。マユタテアカネも暑すぎて、尻上げの放熱ポーズを取り捲っていた。

キビタキ
Narcissus Flycatcher

鳥といえばこいつらばっかり。わけのわからんぐぜったような、甘えたような声を織り交ぜながら、キビタキっぽく鳴いてる。ここの森にはキビタキはたくさんいるので、これがキビタキのヒナなんだろうな。ヒナって言っても巣立ってるけど。見た目じゃノビタキとか、そんなヒナ達と見分けがつけられない…。(自分の能力では)

でも、この場所で、ノビタキは確認できていないから、キビタキではないかと思う。そんな消極的決定。あかん。

ニホンアマガエル
Japanese tree frog

夜ともなると、だいぶ動きやすい。寝ぼけた目も冴えてくる。私は真性の夜行性みたいだ。北海道ではニホンアマガエルの生息場所、数、ともにとても多いとは言えないが、この場所にはぽつぽつと。
実はシロマダラを探して歩いているので、アマガエルがいてもあんまり嬉しくない。

シロマダラの餌となるトカゲの多い場所を今度は歩いてみよう。ニホンマムシはいそうな感じだったけど、この日はヘビには会えなかったよ。

ミヤマクワガタ
Stag beetle

ヘビの心落ち着きそうな、建物のヘリとか探して歩いていたら、思いがけずミヤマクワガタを拾った。ミヤマクワガタは、実は図鑑でしかほとんど見たことがなくて、あの頭部の形が「ん~、どうでしょう?」のおじさんにとてもよく似ているので、ちょっと苦手なイメージだった。図鑑って真上からの写真しかなかったからね。

でも見つけて、斜め前から見たらめちゃめちゃかっこいいじゃないのようぅ。感動したよ。ほんとに。

ミヤマクワガタ
Stag beetle

しかもそれまで、エゾミヤマクワガタはミヤマクワガタの亜種だと思っていたのですが、大きな勘違いだった。ノコギリクワガタのオスにも強いの(大歯型)と弱いの(小歯型)があって、これらは亜種扱いでなく変異として扱われているけど、いわゆるエゾミヤマクワガタもこういう「型」の一つだとはじめて知った。

他にエゾよりでかくて顎の形がちょっと違う「ヤマ」と、ちっちゃくて顎も弱そうな「フジ」がいるそうな。

Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA