I am impatient

   

I must catch adult Ezo salamander for resarch.
But I cannot meet them by unseasonable weather.
I am impatient.


ミズバショウ
Asian skunk cabbage

エゾサンショウウオの成体を見つけることが出来ない。
どうしても調査では成体が必要なので、焦ってきた。

今年の異常な暖かさ、少雨、産卵池の雪解けの速さなどから、
産卵ピークは2回来ると思ったが、甘かったみたいだ。

もしかしたら、すでにピークは過ぎてしまい、このまま終わってしまうのではないだろうか…。

それと、今までエゾサンショウウオを観察してきた環境と少し違いがある。
低層が岩石層でその上に大量の落ち葉の層の水場。
網で掬っても掬っても、エゾサンショウウオは影すら入らない。
この時期だったら、オスは水中でメスを待ち伏せているはずなのに…。

今回は、昼と夜に調査してみた。
夜に行ったのに、エゾサンショウウオの成体は影すらもなく(泣)。

例年通りの時期(4月末~5月初)の産卵ピークがあってほしいと願うばかりです。

しかし、夜のフィールドはやっぱり楽しい(^^)
写真撮る余裕はなかったが、昼見えるのと別の植物も見つけられる。

昼はエゾエンゴサク、キバナノアマナ、エンレイソウといった花々。
夜はヨブスマソウ、ウバユリ、ミズバショウのような緑系の葉物が目についた。

Baikada’s main website
Wild Home

HHS
ハープソン・メッシュ調べ方(2018)

4月14日、ハープソンHokkaido2018の初日に家の近くの様子を、3箇所見てきました。とりあえ …

道央
今年の初カエルたまご

3月26日に、恵庭でエゾアカガエルの産卵始まったよ、と言うメールを頂いて、翌日に恵庭でお仕事あったの …

道南
千葉在住栃木屋氏、北海道道東を徘徊

千葉在住の栃木屋氏が北海道にやってきた。大学の同期で、今は鳥の羽などのアクセサリ関係を中心に作成した …