Preliminary inspection

I went to search for salamander’s spawning pond though time was early.
Because the snow had piled in 3feet, I was not able to specify the place.
I intend to go to sometimes look for it.
The laying eggs of the salamander is still a point for about 2 months.


その周辺にいたヤマガラ
Bush Tit

今年、北海道では初めて両生類探しに出かけてみた。
正確に言うと両生類のいそうな場所探しでした。(まだ両生類は冬眠中)

自分は札幌生まれだけれど、住んでいた期間があまりにも短すぎて、
札幌周辺には土地勘がない。
最初は「Google Maps」の衛生写真もとに、
エゾサンショウウオが卵産みそうな場所探し。

オホーツクではどこでも行けば産卵場になりそうな場所はいくらでもあるのだけど、
札幌周辺は全く環境が違う。
春になってみないとわかりませんがな。

適当な場所にめぼしをつけて確認したけど、よさげな所は1mの雪の下。。。
産卵はまだまだ先ですな。

まだほじくっても仕方がないので、その後、円山に行ってみた。
円山は札幌ではそこそこ有名な自然林。
自然は多いものの、道路交通量も多くて、駐車場は有料のところ多し。

うーむ、次に円山でフィールドするときは円山動物園とセットにしたり、
雪が融けてからチャリで行くことにしよう。。

車が多くて落ち着かないので、その後、いつもの藻岩山へ。
ほんと、何かしら新しい種類が毎回見られる。

今回は愛想のいいアカゲラやコゲラはいなかったんだけど、
愛想の悪いキバシリとハヤブサに逢えた。キバシリは一瞬。
しかも写真撮る暇無し。
もし、撮ってもあんまり綺麗に撮れないんだよなあ、キバシリ。

ハヤブサはかなり遠かった。
双眼鏡持ってなくて、カメラで覗いて「ハヤブサ…?」と思ったんだけど、
すっげーゴマみたいだし、ずーっと旋回飛翔してるんで(自分の中のハヤブサ系は、
旋回飛翔すぐやめて飛んでいってしまうイメージ)、

「うーん…。ハヤブサでいいんだよなあ…アレ…。」

と思ってたんだけど、ダメもとで撮っておいた写真をあとで目いっぱい拡大したら
やっぱハヤブサだった。
しかもモミアゲ写ってた。
さらに縦斑まで写ってて若鳥ということもわかった。
撮ってみるもんだね。光学機器、すばらしい!

いつも愛想があんまり良くないシマエナガもこのときはたっぷり遊んでくれた。
卑怯なほどにカワイイですな。ありゃ。

いつも藻岩山の麓でうろついてるんだけどGoogle Mapsで見ると、
ちょっと登れる林道があったので、探してみたけど、これまた雪の下だった。
融けたら上がってみよう。

こんどは麓からロープウェイでも乗って、頂上辺りを散策しようかな。
少し鳥相も違うかも知れないな~。

ちなみに(個人的に)お楽しみのエゾサンショウウオの産卵は
まだあと2ヶ月近く先ですわ。


ハシブトガラの跳躍
Marsh Tit

あとはハシブトガラをじっくり観察して、ポイントチェックしておいた。
うん、脚がごついというのはなんとなく、うなずけた。
早く慣れよう。。。

Baikada’s main website
Baikada.com

Comments are closed.