Good job!

I caught Adult Ezo saamander fainally!
The sample of the skin mucous membrane of adult Ezosanshouuo was necessary forthe detection experiment of the Chytridiomycosis.
So I could catch a mature form and felt relieved very much.
If you want to know “Chytridiomycosis”, information will be found when you search WEB which are words of “Chytridiomycosis” and “CDC”.


エゾサンショウウオ成体
Adult Ezo salamander

数日前に”Display Creeping“で今年のエゾサンショウウオの産卵傾向と
天気予報を絡めて予想したけど、当たったみたいです。
つーいーに、エゾサンショウウオの成体を捕まえられました。

これの写真を撮った後、ツボカビの検査検体として、
皮膚表面を綿棒で拭いとってリリースしました。
夜に捕まえたので、運良くメス個体でした。
(昼間に水中にいるのを捕まえるとオスのことが多い)

メスは、山から来て卵を産んですぐに山に帰るので、
いつも水の中でメスを待ち伏せする雄と違って、捕まえられる数はちょっと少ないんです。

この日も、雨が降って気温が7~8度落ちたので、かなり期待してました。

現地に着くと、エゾアカガエルも10以上の個体が鳴いていて期待感大…。
サンショウウオの卵も少し増えてて、これはイイ!と思っていたら、
水面に1匹エゾサンショウウオの成体が浮いていました。

ぐおっ!
と慎重に捕まえに行くと、慎重すぎて枯葉の山に隠れてしまい、
枯葉ごと掬いあげましたが、姿は消えてしまいました…。

その場所で、1時間以上探し回ったけど他にはいなくて…。
もう、だめなんでしょうか(泣)

諦めて別の場所に行ったら、泥の上に1匹!
今度は迷わず網を振りかざしGET!…のはずが。
網の中には泥しか入っていませんでした。ううううむ。

と思ったら、水の中にまだいてくれました。そして結局素手でキャッチ。
カエルツボカビ症の有尾類調査では成体がどうしても必要で、
北海道担当が自分だったので、昨日まで「採れなかったらどうしよう~~~」という
感じでしたが、少なくとも1検体確保できたので、かなり安心しました。(^^)

ツボカビについて知りたい方は、「ツボカビ WWF」で検索すると
たぶん記事にヒットすると思います。


エゾサンショウウオ幼生
Juvenile Ezo salamander

幼生も孵化してきました。
エラが斜め上向いてて面白いでしょ。

ぼんやり写ってるけど、前足みたいに見えるのはバランサーって器官です。
働きはよくわかりません(苦笑)

そういえば、札幌の調査地では越冬幼生がほとんどいないみたいです。
オホーツク地方だと普通に2年目個体とかいるんだけどなー。

Baikada’s main website
Wild Home

Comments are closed.