Spring on the ground

I did an interview of the work.
And I did Fielding because I went out after a long absence.
The fresh air is delicious!
It has not been felt in the migratory bird yet in spring.
However, the Japanese skunk-cabbage came out, too a lot of jumping spiders ran on the dead leaf, and the song of Ezo brown frog “Cara-Cara” was heard from far away.
I am surely felt to come there by me in spring.


おそらく産みたてのエゾアカガエルの卵
Ezo brown forg’s fresh eggs

仕事の面接のついで、久しぶりに外に出ることが出来たので
フィールドもちょっとしてきました。

久々の外の空気はうまいわ~。

鳥ではまだ春は感じられていないけど、ミズバショウも出てきたり、
わらわらとハエトリグモ類が枯葉の上を走り回ったり、
遠くからキャラキャラとエゾアカガエルの鳴き声が聞こえたりと
確実に春はそこまで来ているのを感じられます。

エゾサンショウウオの産卵状況を見に行ったところ、
前回確認したときよりもかなり増えて50腹くらいはあったみたい。

エゾアカガエルの成体もちょこちょこと水面に顔を出したりして、
カメラ持ってきてないことを後悔しました。
(今日は携帯で撮影です)

人もいないと思っていたら、こんなところでカエルの撮影している人がいてびっくり。
その方もその場所の観察を続けていた様子なので、情報交換しました。
なんか輪が広がったみたいでうれしいです。


エゾサンショウウオ卵嚢すこし吊るし風味
Ezo salamander’s egg sack

Baikada’s main website
Wild Home

Comments are closed.