Life

picture

Callosciurus erythraeus thaiwanensis
Taiwan squirrel
台湾栗鼠(タイワンリス)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

もしかしたら、ややこしいポストになるかも知れないので、簡潔に。
サイトのトップにも掲載するのはやめておきました。
It writes concisely because it is likely to become a confusing post possibly.

外来種。
これらは、日本の野生動物にとって脅威だ。
日本も特定外来生物など法律を作って、新たな外来種が増えないように、
あるいは駆除など視野に入れて政策を進めていくつもりのようだ。
A naturalized species. These are threats for wild animals of Japan. Japan makes a law about the
naturalized species. The law is aimed at new naturalized species not increasing.

タイワンリスも、日本では外来種。
でも、こんな姿を見てしまうと、胸が締め付けられる。
親リスに子リスがすがり付いているが、親リスはもう死んでいる。
このあと30分、子リス2匹が親リスから離れようとしなかった。
子リスも何度も行きかう車におののいていた。
The Taiwan squirrel is a naturalized species in Japan, too. But my chest is tightened when I watch such a figure. A child squirrel clings to a parent squirrel, but the parent squirrel is already dead. For 30 minutes, two child squirrels were not going to be separated from a parent squirrel after this. The child squirrel shuddered with the car which came and went many times.

外来種と言っても、2種類ある。
自分の意思(のようなもの)で入ってくる外来種と
人間に連れてこられる外来種。
前者は、人間がいなくても気候の変動などに伴って、いずれ分布を拡大するだろう。
後者は、人間さえいなかったら、問題を起こさなかっただろう。
“The naturalized species” has it of two kinds. One is a creature that invades in their intentions. Another is a creature that man brought. Even if there is not a human being as for the creature which invaded for one’s intention, they will enlarge distribution sometime soon. The creature which a human being brought tended to cause a problem, but would not cause a problem when there was not even a human being.

外来種の駆除。
駆除が強く叫ばれている。私も、駆除すべき動物は多いと考えている。
でも、かれらにも命がある。
駆除をするということは、命を奪うと言うこと。
誰かが奪うと言うこと。
The extermination of the naturalized species. The extermination is strongly demanded. I think that there are many animals which I should get rid of.
But they have life. It is to take life to get rid. It is that somebody takes life.

遺体を発見し、数枚写真を撮って暗い気持ちになったあと、
しばらくその場を離れた。
戻ると、子リスはもういなかった。
私は、親リスの死体を、道路縁の草地に放置した。
I left the place for a while after I discovered a corpse, and I took several pieces photographs, and having felt gloomy. When I came back, there was not the child squirrel anymore. I left the corpse of the parent squirrel in the grassland of the road edge.

.

Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA