Ninja

picture

Vulpes vulpes schrencki
Ezo red fox
北狐(キタキツネ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS DX*

.

このキタキツネが忍者という訳ではなく、私が忍者のようなものなのです。
This fox is not a ninja but I am the one like the ninja.

この撮影時、キタキツネと私の距離は数メートル。
シャッターが下りるまでキタキツネは気づいていなかった。
(だから相手はかなり驚いたと思うんだけど…)
At the time of this photography, Ezo red fox and my distance are several meters. The Ezo red fox did not notice it till a shutter went down. (So the Ezo red fox was considerably surprised, I think…)

キタキツネは比較的人慣れしやすい動物で、
餌が欲しいと、人の手から食べる場合もある。
人間と野生動物の関わりで、よく問題視されて題材となりやすい動物だ。
それでも彼らには警戒心がある。
何もないのに人間が近寄ると逃げる。
Ezo red fox is comparatively the animal which is easy to be used to people. When they want food, they eat from person’s hand occasionally. Ezo red fox is an animal that is often put in problem because of relations of man and wild animals and becomes a theme. They still have wariness. When a human approaches though nothing has a reason, they escape.

動物や野鳥を写真に撮るために、普通利用されるのがブラインドなど。
人の姿を消して迷彩することで動物との距離を縮めて写真に収める。
でも、私は1か所に腰を落ち着けて動物を待ち続けるのは、どちらかというと苦手。
歩きまわって出会い頭、という方が得意です。
Being usually used to take in the photograph the animal and the wild bird is “Blind ” etc.
It erases person’s appearance, shortens the distance with the animal with camouflage, and takes the photograph. However, I am not good at keeping wait for the animal.
I am good at the stroll and taking the photograph.

私には特技(?)がある。人を驚かせること。
私は全く意識していないのだが、驚いた側の人に話を聞くと、
気配無く後ろに回り込んでいるという。
昔からなので、もう私は慣れたが、今までものすごい回数と人数に驚かれた。
私はただ苦笑いするだけ。
I have a special ability. It is to surprise a person. I am not conscious, but it is said that I sneak around without a sign behind. Because it was from old days, I was already used, but, as for me, it was surprised at a lot of number of times and numbers of people so far. I only smile a wry smile.

ただ、そんな能力も時々動物にも通用する。
それは私にとって嬉しいことだ。
しかし、動物も人間も、気がつくと私が目の前にいるのだから迷惑なことだろう(^^;
時には驚かすのも悪いのでそのまま素通りすることもある。
But such ability sometimes passes in an animal, too. It is nice for me. However, it will be annoying because there is me near when both the animal and the human being notice. I pass by at times occasionally. The reason for I is that it worries about terrifying the animal.

私の家系の家紋は「隅切り角」にある植物が入っている。
これは御庭番系列の家紋だと百科事典に書いてあったようだ。
御庭番と言えば「忍者」や「スパイ」のイメージですよね。
黒装束を着た忍者ではないけど、時に人の目や心を欺くときもある。
私はウソをつくのがひどく苦手なので、心理面の忍者は無理。
ということで技能面に先祖の魂が残ったか?
My family crest has the plant that exists in “the square with each corner cut off”. It seems to be written that this was a family crest of the secret agent in the encyclopedia.
It is an image of “Ninja” and “Spy” if it is said the secret agent? Though it is not the ninja who wore black costume, there is it when he sometimes deceive eyes and the heart of the person. It is hard for me to tell a lie. It seems to be impossible mentally to become a ninja. Is the ability of the ninja left only in the skill to me?

私の暮らすこの時代や地域が平和なので、
もっぱらその能力は人や動物を驚かすためだけにある。
Because this time and the area where I live in are peaceful, there is the ability wholly to be able to hold it to surprise a person and an animal.

.

Baikada’s main website
Wild Home

4 Responses to “Ninja”

  1. Godspeed より:

    面白い、興味深い話。忍者の遺伝子は自然写真家の仕事に大変役立ちそーですね。 ^0^

    わたしの彼女の知り合いが同じく動物写真家なのですが、彼は何時間も何十時間も時々は何日も待ち伏せるタイプ。 忍耐の仕事だって言っていました。

    このキツネの目、印象的だな。 スゴく生き生きとしてる。毛は抜け変わり時?

    ロンドンに住んでいた時、かなりセンターに住んでいたのですがキツネと良く会いました。
    マンションの窓から夜空を眺めていると下には夜食を求めて彷徨うキツネの姿。
    ソーセージを投げたりしてた。

  2. baikada より:

    Godspeedさん
    待ちの動物写真家さんが身近にいるんですね。
    私の知り合いにもいます。ほんと、すごい忍耐力です。
    私だったら途中で雄たけびあげて暴れてしまいそうだ…。

    このキツネは、年数はちょっと前だけど時期は7月頃に撮っています。
    本来だともっと短い毛になっているべき時期だと思うんですけど、
    時々、毛が長いの見かける気がします。

  3. クワ より:

    ばいかださんの秘密、ついに明かされる !?

    動物も木化けみたいなことしますね。鳥では、ヤマシギなんかが得意です。

    この写真、キツネの表情が良いです。

  4. baikada より:

    クワさん
    秘密がばれても自害しなくて良い時代はいいですね(^^;

    擬態はとても面白いですね。
    昨日、北海道の地方ニュースでアフリカオオコノハズクが道内のどこかの動物園に来たって話がありました。
    アフリカオオコノハズクの擬態もなかなかのもんですね!