Thunder

picture

Tetrastes bonasia
Hazel Grouse
蝦夷雷鳥(エゾライチョウ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 1D Mark III*

.

エゾライチョウは春先はよくつがいで林道に出てきていることがあります。
キジやコジュケイなどのように私の中では「地べたの鳥」というイメージです。
Hazel Grouse (Tetrastes bonasia) comes out in the woodland path the early spring with a pair. I have the image that this bird will live in ground just like the Japanese pheasant (Phasianus versicolor) and the Chinese bamboo partridge(Bambusicola thoracicus).

しかし、驚いて飛ぶと、キジやコジュケイは多くが藪に飛び込みますが、
エゾライチョウは半分くらいの確率で木の枝に飛んでいきます。
However, the hazel grouse flies to the tree branch at half the probability though many jump into the thicket as for the Japanese pheasant and the Chinese bamboo partridge when flying in surprise.

藪に隠れてやり過ごす戦法と、敵をうかがう戦法を併せ持つ、なかなか賢い鳥です。
It is a smart bird having both strategies to watch an enemy from high place, and to hide in the thicket and spend enemy.

別種ライチョウのことになりますが、「雷鳥」とは、
昔は「らいの鳥」と言われたそうです。
その「らい」が雷を表すのか、そのほかの言葉なのかはよく分かっていないようです。
朝と夕方以外は、天気の悪い暗い空のときだけしか現れないから
「らい」は「雷を呼ぶ」に由来する、という説もあるし、霊山に住む鳥であるから、
「らい」は「霊」を表すなんて説もあるようです。
In Japan, there is another kind bird called “Rai-cyo”. “Rai-cyo” is Ptarmigan (Lagopus muta). “Rai”s mean is not well understod. “Cho” is meand “bird”. One theory seys that “Rai” is meand “Thunder”. In Japan, “Thunder” is called “Kaminari” or “Rai”. Because “Rai-cyo” appeared a lot on the day when the weather was bad, it was worshiped as a bird that called the thunder. The other teory seys that “Rai” is meaned “Spirit”.
In Japan, “Spirit” is called “Rei”. “Rai-cyo” equal “Rei-cyo”. Because “Rai-cyo” live in spiritual mounten.

アメリカ先住民には”Thunder bird”という、
雷と雨を起こす空想上の鳥が神話で伝えられているようです。
でもこちらは写真のような「ライチョウ」の形ではなく、ワシっぽい形のようです。
“Rai-cyo” is a meaning of “Thunder bird” in the kanji now. A bird in the imagination to cause thunder called “Thunder bird” and rain seems to be told to a Native American in a myth. But this seems to be eagle-like form not “Rai-cyo” such as the photograph.

.

Baikada’s main website
Wild Home

6 Responses to “Thunder”

  1. クワ より:

    東大雪でよく見ました。オスは喉の黒と目上の赤が美しいです。

    こちらでは余程ハンティングされたのか、観察は稀ですね。

  2. Godspeed より:

    雷鳥の名の語源がわかりました。藤崎マーケットじゃなくて良かったです。ごめん。

    雷鳥は未だかつてこの目で見たことがありません。衣替えをするとかで比較的低学年でその名と種は習うのですが、なんとなく子供の頃の印象に残る鳥でした。

    このエゾライチョウの口の部分の黒いエリアはなんなのでしょうか?
    拡大してみたいが、どんな形のものなのか気になりました。

  3. baikada より:

    クワさん
    北海道に来られたことがあったんですね(^^)
    エゾライチョウはとてもおいしい、とこちらでも聞いたことがあります。
    確かに、見るとおいしそうなカタチをしています。

    ヨーロッパでは少なくなってしまったんですね。
    おいしいですからね…。

  4. baikada より:

    Godspeedさん
    ラララライ♪
    ライチョウという種は北陸のごく一部にしか生息しないので、
    ライチョウ目当てに出かけないと目にするのは難しい鳥ですね。

    対してエゾライチョウは、北海道でまだ見やすいとりかもしれません。
    ただ、エゾライチョウは劇的な衣替えをしないのです。残念。

    エゾライチョウの口の部分の黒は、嘴後部から喉にかけて、
    黒い羽が生えているんです。
    よく撮れている写真もあんまりないので、
    Googleイメージ検索で「エゾライチョウ」を検索すると、
    けっこういい画像が出てきましたよ~。

  5. Godspeed より:

    なるほど、キジにも似たコートを着ている。
    顎の部分の模様もググッて確認しました。 ただbaikadaさんの作品の首を長く伸ばした
    ポーズはあまりなかったので、口を大きく広げているのかと思いました。苦笑

    どんな意味があるのでしょうね。黒いところをなにかの時に見せるのでしょうか?

  6. baikada より:

    Godspeedさん
    あ、ほんとだ。
    写真ちっちゃいから大口開けた奇妙なイキモノに見えますね(^^)

    理由は何でしょうね?
    よく生き物にある行動で考えると、威嚇や求愛ですかね。
    若しくは何らかの擬態…?

    オスだけにあると考えると求愛、
    でもシチュエーションとしては威嚇、擬態ですねえ。う~ん。。