Delicious snow

picture

Martes zibellina brachyura
Sable
蝦夷黒貂(エゾクロテン)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS KISS Digital*

.

雪を食べてのどの渇きを癒す。寒い地域の動物では当たり前の行動なのかもしれない。食べているものが雪であっても、イタチの仲間の食事姿は迫力がある。
Sable is suppressing which dryness that eats the snow. It might be a natural action in the animal in a cold region. Even if the eaten one is a snow, weasel’s meal appearance has power. Sable is distributed worldwide widely. However, to take the fur very often in the past, the quality of their furs seems to have been captured considerably.

エゾクロテンは完全な肉食ではありません。ウンチを見ると、けっこう植物質のものが混じったりしています。北海道にはアメリカミンクなど多数のイタチ類が帰化したりしていますが、これほど植物質を食べるイタチも珍しいかもしれませんね。
Sable is not a complete eating meat. The one of the plant has mixed considerably when excrement is seen. A lot of weasels such as American mink have been naturalized in Hokkaido. However, the weasel that eats the plant like this might be also rare.

たくましく、生き延びて欲しい。
I want them to survive vigorously.

Baikada’s main website
Wild Home

2 Responses to “Delicious snow”

  1. クワ より:

    テンの仲間は、かなり果実系を好む様ですね。

    このクロテン、随分と近距離で撮影ではありませんか。

  2. baikada より:

    テンの糞を実際に見たら、かなり種子系のものが入っていました。
    写真、この時は近かったですよ。いろいろ運が良かったです。