メタル実験

冬は野の爬虫類関係の撮影は厳しく、
鳥や哺乳類を撮ったりするのだが、調子を崩しやすい季節でもあり、
なかなか思い通りに動けない。

だから、少し家で出来ることも始めてみようと思っていた。

そして、今年の北海道でのヘビのフィールドは、一息つくことになった。
もうかなり寒くなった。

目標だったシロマダラの発見には至らなかったけど、
ヘビは北海道で51匹、沖縄など合わせると今年の総数で100弱といったところ。

北海道の51匹のうち、残念ながら轢死体として出会ったのが34個体だ。

死骸は基本的にはカラスやキツネが食べていくことになるのだけれど、
いくつかは拾って持って帰ってきた。

標本としての保存を考えたんだけど、
あまり作られていない標本として作ってみようということで
金属いじりをはじめた。

主には2つ考えていたのだけど、
考えていたものの一つ、頭骸骨などを鋳型とした鋳物作成の方は、
まだ、うまく行っていない。

頭骸骨自体は、ミルワームの協力などあって結構綺麗に取り出せるのだけど、
鋳型を取って、金属を流し込むとなると上手くいかない。

金属を溶かした時の表面張力が強く、
細かい部分に液体金属がはいりこんでくれない。

また、頭骸骨は非常に複雑な形をしているので、
なるべく単純化しようといろいろ穴を埋めたりしたのだけど、
今のところ、まだ駄目だ。

出来上がった鋳物は、
相当異様なものが出来上がってしまったので、
写真出すのは控えておこう…。

比較的予想通りのものが出来つつあるのがこっち。

ヘビの皮膚から作成した金属のチップ。
まだ作る段階で割れてしまったりするのが上手く行ってないのだけど、
こっちの方をもう少し頑張って作り進めてみようと思う。

これはアオダイショウの幼蛇から取った。
正直、鱗が細かすぎて厳しい。

チップの大きさから、まあまあ収まりが良いので、
今は我が財布に入ってもらっている。

お金増えないかな??

こちらはアオダイショウの成蛇から。
背骨周りのキールのある鱗なども綺麗に出て、なかなか良い。

形に無骨さがにじみ出てしまっているが、
これは今後少し削るなどして形変えてもいいかもね。

色気ないまま、ストラップに付けてみた。

こんな簡単なものしか出来ていないけど、
ここまで出来てくるのに1カ月くらいかかってしまった。

これは、標本としても面白いと個人的には思うのだけど
交通事故へのメッセージとしても何か残せるのではないかとも思う。
メッセージを込めたものとして人目に触れさせるには、
まだまだ改良しなくてはならないね。
亡くなったアオダイショウの霊の平穏を願って。

.

Baikada’s main website
Wild Home

12 Responses to “メタル実験”

  1. ジーク より:

    このメタル実験いいですね!僕もDORは拾って皮にしてるんですが、こうすればアクセサリーとしてもDORのメッセージとしても印象に残りますし、壊れにくそうです^^
    今年学際でDORについてやるのでちょっと試してみます。
    あとはリアスティックウォーター(鉄道や地形の模型なんかを作る際海や川を表現する時に使うやつ)なんかで皮の色まで出ればなおさらいいんですが、あれ収縮が激しくてなかなか難しそうです。
    去年モリアオの生息環境の模型を作ったのですが結構苦労しました^^;

  2. ヒヤマトモヒロ より:

    ウロコチップ、coolですね!

    頭骨の鋳型は難しそうですね・・・
    はんだ付けするときには、
    ナマだとやはり表面張力が強すぎて接着の邪魔になるので
    予め接着部分に松ヤニ(か何か・・うろ覚えですみません)
    を塗布して親和性を高めていた記憶があります。
    金型の質にもよるかもしれませんが、何かそういう技術って無いのでしょうかね。

    いい加減な情報でごめんなさい。でもちょっと楽しみです。

  3. baikada より:

    ジークさん
    臭わないっていうのもとてもいいですよ。
    自分が不器用だからかわからないんですけど、
    上手く行かなかったら言ってくださいね。お貸ししますよ。
    リアスティックウォーターですか~。
    この金属も皮も結構収縮するので、その時に割れてしまうんですよね。

  4. baikada より:

    ヒヤマさん
    いや、言いたいことは伝わっていますよ。
    確か私も「技術」の授業でそんなことをやった覚えが…。
    頭骨のサイズは最初は大きい方がやりやすいでしょうね。
    あとはあごの骨が問題になります。(上の方は結構うまく行くんですが…)
    顎は細くてとても細かい!!
    そして左右でヘビは離れているので形の維持が難しいです。

  5. Godspeed より:

    わたしも今年はおかげさまでばいかださんぐらいの
    蛇頭数を野山で確認することができた。
    以前まではショップで見るほどの数が野生で見れたワケだ。
    関東で確認できる種は一種を残してほとんど見れたのが、自信にもなってる。

    面白いよね、自然って。

    そして、彼らのボディの一部をアクセサリーとして生き返えさせる
    ことが出来れば、面白い。

    今回のデザインは短冊形にしているのが、なんとも楽しいアイデアだね。
    もっと歪というか、自然な形を想像してた。

    今後の完成形を期待します。
    やっぱり、レリーフは楽しいね。

  6. baikada より:

    Godspeedさん
    残りの1種はシロマダラかな?
    来年はそれにも会えるといいですね。

    まだ、形としては想像が練れなくて、シンプルに短冊形で作り始めたんです。
    いろいろ考えて、生き物の美しさをもっと出せるようなものを作りたいですね。

  7. KinkO より:

    ご無沙汰してます!

    いきなりですが、ばいかださんの撮ったキノコは
    ポストカード化しないんですか?!
    僕、即買いしますよっ!!

  8. baikada より:

    KinokOさん
    キノコ展やってたんですよね!(^^)
    ブログで断片的に作品を見させていただいていました。

    キノコ、需要ありますかね?
    KinokOさんが欲しいキノコの写真がField logに載ってたら
    オーダーで作って送りますよ~

  9. KinkO より:

    ワォ☆ホントですか?!
    ならばボクは開ききったベニテングタケの写真がイイです♪
    あとロクショウグサレキンも捨てがたし!!だなぁ〜♪
    ムラサキフウセンタケもありましたよね?!
    では3点お願いできますか?

    キノコ展やりました!
    今回もとってもよかったです☆
    僕も色々買っちゃって…(′。ヽ)

    今度、HPにダイジェストでも作りますので
    お楽しみに♪

  10. baikada より:

    ん?やっぱりKinkOなの??KinokOじゃないのね。
    ご注文はー

    http://baikada.com/FL/?p=115
    の2枚目のロクショウグサレキン

    http://baikada.com/FL/?p=100
    のムラサキフウセンタケ

    http://baikada.com/FL/?p=113
    のベニテングタケでよろしですか??

    キノコ展ダイジェスト楽しみにしています。

  11. KinokO より:

    おはようございます。。。
    スミマセン!!KinokOです!!キンコではないです!!
    全然気がつかなかったァ〜(^へ^;)

    写真はこの3点を頂きたいです☆
    アポイ岳のキノコ写真はサイコ〜ですね♪

  12. baikada より:

    KinokOさん
    OKです。
    写真、吸い出しましたよ~。
    少し作成に時間貰いますけれど、お待ちくださいね~。
    出来上がったら送っておきます(^^)