Instruction from DNA

picture

Oncorhynchus keta
Chum salmon
鮭(サケ)

Photograph by Baikada (ばいかだ)
*CANON EOS 5*

.

北海道の町の中の小川。サケ(シロザケ)は一生の最後をここで迎えた。
Here is a stream in a town in Hokkaido. The chum salmon faced the end of the life here.

 

後悔はないだろうか。こんな傷だらけになってかわいそうに。
そう思うのは人間だけだ。
“Isn’t there regret?” “I think it is poor because he was scratched so much.” It is only “human” that thinks so.

彼らのDNAはこういう死を生まれながらにして持っている。
生存競争を乗り越え、そして最後は産卵、放精して渓流で死ぬ。
Such a death is made inborn and their DNA has so destiny.
The struggle for existence is got over, and they leave offspring, and they die in the stream.

センチメンタルな部分は何もない。
There are no sentimental feelings here.

川に上がる途中ヒグマに食われ、キタキツネに食われ、人間に食われる。
危険を冒しても溯上しなければならない。しかしそこに責任感はない。
最後の溯上は、ただただ子孫を残すためにDNAが指令を出す。
While they go up to the river, they are eaten by the brown bear , the red fox, and by human.
After, the chum salmon should be going up the river even if running the risk. However, there is no sense of responsibility.
Only to leave offspring on the death, DNA issues a directive.

こういう姿を見ると、遺伝子を残す為だけに生きるウイルスと何も変わらない。
As for anything, when I am faced such a seen, it is not different from the virus where it lives only to leave the gene.

私も、死の直前は感情を捨てたい。
I want to throw away feelings immediately before the death.

死は恐ろしい。
I fear that I will die.

.

Baikada’s main website
Baikada.com

4 Responses to “Instruction from DNA”

  1. クワ より:

    凄まじいインパクトです。

  2. baikada より:

    クワさん
    自然が豊富な場所で見たのならまだ、そうでもなかったんですが、家から車で2-3分の街中の小川で死んでいました。
    ものすごい驚きました。

  3. Bulletin News より:

    Dynamite write up discussing Instruction from DNA! Thoroughly love this point of view!

  4. baikada より:

    Bulletin News
    Thank you for your comment.