Dizziness

I became a sick which called Benign paroxysmal positional vertigo. Because I felt dizzy, I cannot move very much. Therefore I watched an animal after a long absence. I felt good.


キレンジャク
Bohemian Waxwing

どうにも厄介なことになっている。

突然の「めまい」に襲われ、
おそらくそれが「良性発作性頭位めまい症」だとわかったのだけど、
すぐ治らないみたい。

これ、なかなか厄介で、三半規管(耳の中の構造)の位置が、
縦になったり横になったりすると、三半規管の中に出てきてしまった石が
転がりまわるせいで、結果的に強いめまいになる。

寝起きとか、寝返りとか、首を倒すとよく回ります。

最終的には「慣れ」が肝要のようなんで、我慢しているところです。

しばらくひきこもっていたのだけど、
少し良くなったかな?と感じてきたのと、
どうにもフラストレーションが大きいので、
カエルを探しに行ったんですよ。

山のほうなので、鳥はあまりいないだろうなと思ったら、
電線にキレンジャクの群れがいました。

つい、上を見ると視界がグニューっと曲がってしまって
どうにもこうにも。

見ないで撮った割には上手でしょ?


キレンジャク
Bohemian Waxwing

そんなんばっかりでも悔しいので、
少しだけ粘ったら、ほんと目の前に降りてきた。

今度は近すぎて、かぶった枝が画面から外せない(汗)。

でも、首倒さずに、カメラ覗けて楽しかったよ。
久しぶりだったからね。

肝心のカエル探しはというと、
開放水面が見つからず難航。

時々、流れてるところがあるとこうして少し水面が出ているんだけど、
下はリッター層(腐植質)で、網でジャコジャコしたけど
カエル隠れてなかった。やっぱり礫質じゃないと厳しいかな。


足あと
Foot print

ところどころ、食肉目系の足あとがあった。

どうもこの辺はキツネやウサギは多く無いようで、
イタチ系のものがポツポツ。

ところで、この足あと、妙に気になったんだ。
「アライグマ」の可能性もあるかもー、と。

ここは例年、エゾサンショウウオの産卵場所になるところ。

ここにもし、アライグマが入ってたら、
たくさん食べてしまうんだろうなー。

しばらく足あと追ってみた。

あれ?もしかして指長いんじゃないですか?

アライグマ確定…?か?

…と思ったけど、上り坂で爪が深く入ったから指長く見えたけど、
犬かも。

少なくともアライグマではなさそうだった。

山の中で黒犬と出会った。

平和なような気もするが、
山の中で、中型以上の哺乳類と出くわすと戦慄が走るんだ。

クマ…?と思うこともあるし、
正直なところ犬でも十分怖い。

野良犬ならまだ交渉の余地はあるけど、
野犬には勝てない自信がある。

あの運動神経には全くついていけないよ。

犬を山の中で放すと、
出くわした人や動物が死ぬほど驚くのもあるし、
犬のマブタにびっしりダニが付いて帰ってきますからね。

放すのは放していい場所で、
ちゃんと飼い主さんが管理できる(目の届く)範囲で
お願いしたいです。。。


Baikada’s main website
Wild Home

Comments are closed.