Japan snake center

I went to see my son’s athletic meet.
It went out to Japan snake center by my son’s request.
Various snakes have been exhibited there.
However, we can see the wild animal plenty, too.


ニホンアマガエル
Japanese tree frog

子どもの運動会を観に本州へ行ってきた。
運動会もお天気良く、代休を使って子どものリクエストで
ジャパンスネークセンターに行ってきた。

ジャパンスネークセンターはいろんな地域のヘビを展示もしているが、
意外と園内でも野生の爬虫類や両生類を見かけることがある。
今回はそれをアップしていきます。

最初に載せた写真は、ニホンアマガエルの白っぽいやつ。
目の瞳孔は黒いので、いわゆるアルビノというわけではないが、
緑も黄色も青もほとんどなく、不思議な個体だった。
時間を置いたりすると色も変わってきそうだけどね。


ヤマカガシ
Tiger keel back

白蛇観音という像が園内にはあって、
その周囲を浅い池が囲むんだけど、そこにヤマカガシが。

北海道にはいない、ヘビにまずは出会えてとても嬉しい。
ヤマカガシはこの金魚を狙っていたのかな?
(ヤマカガシは結構器用に魚類も食べます)

なんとこの日、ヤマカガシの当たり日だったらしく、
5匹も見ることができました。


ヒバカリ
Japanese keelback

ちょっと湿った風のする方に向かうと、ヒバカリにも会えた。
ヒバカリも北海道にはいない、自分的大歓迎種。

地味で小さな好きな蛇で多くの個体は触っても咬みつくことは無いのだけれど、
私はこういう、「大人しい」とされる種によく咬まれる。
しかも執拗に。


ヒバカリ
Japanese keelback

きっと嫌な臭いか、食べれそうな匂いが出ているのだろう。

普通の攻撃の咬みではなく、むしろ「食べる」「痛めつける」咬みです。
ヒバカリなんて言われ、「咬まれれば命はその日ばかりの毒蛇」
などと昔は言われることもあったようだが、
咬まれても無害です。少なくとも人間には。

敢えて無毒とは言わない。

ヤマカガシは1970年代に強い毒があることがつきとめられた。
人が死に至ることも十分にある毒。
デュベルノイ腺というところから分泌される毒が、
奥の少し長い牙を通して体に打ち込まれる。
奥歯だけに、毒が入るのはごく稀だが、
毒が入ればただ事では済まない。

そしてガラスヒバァというヘビにも毒があることが分かっている。
ヤマカガシと同じく、デュベルノイ腺というところから毒を分泌し
奥歯の長い牙を通してじわじわと毒が入る構造。
しかし人間に対しての健康被害は全く報告されていない。

ガラスヒバァというヘビは、ヒバカリと同じ属、
Amphiesma属に所属している。
だから、ヒバカリもガラスヒバァとよく構造が似ている。


ヒバカリ
Japanese keel back

見づらいけれども、ヤマカガシの奥歯と同じく、
ヒバカリにも長い奥歯がある。
だから、ヘビにはなるべく咬まれない方が良い。
(咬まれたかったわけではなかったのだけれども…)

※ややこしいことを書いておりましたが、
現在のところ、ヒバカリでは有毒の報告はありません。

Baikada’s main website
Baikada.com

8 Responses to “Japan snake center”

  1. GO より:

    息子さん、よい休日になりましたね。
    スネークセンターは先だって初めて行って、すっかり気に入ってしまいました。今度はもっとゆっくり滞在してみたいものです。
    ところで、ヒバカリの名前のことですが、全く勝手な思い付きですが、「日計り」ではないかと疑っていまして…。
    たくさん彼らを見てきているばいかださんにいちど聞いてみたいなと思ってました。生態的に何か関連してるような感覚は有りませんか?
    ヒャンもハイも「日照り」を意味するそうですね。太陽と蛇はそれなりに結びつきそうなんですが。

  2. baikada より:

    GOさん
    ヒバカリは確かに漢字で書くと「日計」です。
    あまりその日ばかりの説に疑問を感じてこなかったのですが、
    自分では「日が沈むまでの命、その日の長さを指をくわえて計る」だと思っていました。
    生態的には確かに太陽に関連する動きはあります。
    早朝や薄暮によく動き、日中はあまり姿を見せません。
    日当たりの悪いところでは日中も見られます。
    たぶん、あまり暑いのには耐えられないのだと思います。

  3. クワ より:

    ヒバカリは大人しいヘビだと思ってましたが、思いっきり噛みついてますね。おまけに毒があるとは・・

    全体に地味なのにクリーム色の模様がシックで、好きなヘビです。

  4. baikada より:

    クワさん
    ややこしいポストしてしまってすいません。
    ヒバカリは今でも毒は認められていないんですよ。
    ヤマカガシで言う、毒牙は持っているのですが…。

    私もヒバカリは好きなヘビで、大人しい個体は本当に可愛らしいです。
    しかし、そんなのにガブガブやられると、笑うことしかできなくなりますね(苦笑)

  5. あきら より:

    ばいかださん
    こんにちは。石垣のりんぱな あきらです。
    咬む瞬間、左手でよくとれましたね〜!

    ふと思ったのですが、有毒無毒を別として、ヘビ咬刺傷によるヒトへの感染症ってあるのでしょうか。きわめて少ない報告だと思うのですがw 僕もよくヘビを扱うのでちょっと気になりました。

  6. baikada より:

    あきらさん
    これが腕です!と言いたいところですが(汗
    咬みまくっていたもので結構シャッターチャンスがあったのですね(笑)

    蛇咬症の細菌感染の恐れは指摘されていますね。
    症例として挙がっているかはわからないのですが、
    例えば、
    シマヘビの口内細菌で破傷風菌が見つかっている…
    のような記述のある本などは存在します。
    膿んだりするっていうのは十分考えられそうです。

    基本的には、咬まれた直後、
    適切に洗浄して消毒すれば問題はないと思うのですが、
    唾液なり口内細菌が皮膚の下に入るので
    咬まれない方がもちろん良いでしょうね。

    それと、毒自身の作用とは言いにくいですが、
    毒物質や唾液の成分でアナフィラキシーを起こす可能性もあると思います。
    ハムスターに咬まれて死亡、という事例もあったようですから、
    やっぱり無毒でも気を付けた方が良いでしょう!

  7. あきら より:

    こんばんわ。実はコメントしたこのページを見失っていました(汗; 本家ページを必死に探していました。

    腕です腕!(写真)

    シマヘビの口内細菌で破傷風菌とは!
    日本全土にいる菌ですものね。僕も気を付けます。

    確かに、アナフィラキシーの可能性は充分にありますね…。考えが及びませんでしたが、異種タンパクですものね。気を付けなきゃ…。

    触る際には充分注意します!

    ありがとうございました!

  8. baikada より:

    あきらさん
    うちのサイト、迷路みたいでしょ(笑)
    ありがとうございます。
    どの動物と接するときも、
    お互いに傷つき合わないのがベストだと思ってます。
    人間が傷つくと、その傷つけた動物も処分されてしまうことがあるので難しいです。