砂浜トカゲ観察会

8月27日。
北海道爬虫両棲類研究会の野外行事、第2弾の石狩でヒガシニホントカゲを観察してきました。参加者は全部で5人。予定としては砂浜周辺にいるトカゲを観察して、そのあと海浜の植生の中で歩いて鳥などを見ようかという企画。

ハマナスが実がなりつつも、まだ少し咲いているものもありました。幸い、天気は比較的良好で、集合直後に雨がパラつくこともありましたが、そのあと日が差してきて観察日和になってくれました。

ゆっくり砂浜トカゲの幼体やメス成体を観察することができました。

こんな感じで、海浜植生に紛れています。いくつか、捕獲することができ、せっかくなので前額板(ニホントカゲとヒガシニホントカゲの識別ヒントとなる場所)もゆっくり観察してもらいました。

実は、後半の鳥でも見ようか、の部分は大外れしてしまって、ほとんど鳥は見れず。
(夏鳥は姿を隠し、渡りの鳥も未到着なのかな)カモメ類が数匹舞っているのを見るに留まりました。

みかけた昆虫なども、アレだコレだ言いながら観察。これはアカスジカメムシの幼虫だったみたい。

観察会のあと、皆で近隣のカフェに入り、パスタを食べながら爬虫類や両生類のお話しをしたりしてまったりとした時間を過ごし、解散しました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

Baikada’s main website
Wild Home

Comments are closed.