New Juvenile

I picked up a small snake. Unfortunately it was dead. However, it was a snake born this year, because from size. I was gotten to know beginning the activity of the snake that was born this year on the ground.


アリの仲間
Ant sp.

そろそろ私の考えていた季節が到来したようだ。

夕方からフィールドを開始して、
気温は20℃から15℃へガタ落ちした。(19:00でも…)
もはや昆虫すらも大きなものは見えにくい季節になってきた。
ハネアリやガばかりが目立つ。


アオダイショイウ
Japanese ratsnake

凄惨な轢死体だったので、写真はこれに留めておく。

見つけた蛇の死骸は、全長38.5cm。
鱗がぎっちりと詰まっている感じが幼蛇っぽい。
これは今年のアオダイショウのミニマムサイズと並ぶ小ささだ。

6月初めに記録した幼蛇が38.5cmだった。
つまり今、このサイズが出てきているということは、
新仔が行動を始めたということだ。

6月に40cm未満だった個体でも、
ひと夏超えれば60cm前後にはなってるだろう?

普通、生まれたばかりのヘビはお腹に卵黄を備え、
しばらくはその養分で生活できる。

そして第1回の脱皮を終えると卵黄も吸収が終わり、
冬眠に向けて多少の貯食や冬眠場所を求めて活動する。
つまり、幼蛇がすでに行動を開始したのを確認できたんだと思う。

ヘビはこの時期、個体数が倍増する。

親世代はもちろん生き残っているうえに、
一親が生んだ卵からは3~10くらいの仔ヘビたちが生まれているはず。

それらが、一番動き回る季節になったのだから、
基本的な行動時間以外でもヘビを観察することができる可能性が
あると踏んでいる。

もちろん、狙いはシロマダラ。
雪が積もるまでは、希望を持って行動したい。

※この死骸は、全身平たくなっていたので、標本のために保存するのは断念した。

※お詫び
ファウラNo.22に掲載した北海道へび図鑑の「アオダイショウ」で
幼蛇の大きさが20~30cmと書いてしまっていた。これは小さすぎる。
30~40cmと書くべきだったのだが、うっかりしてしまった。

Baikada’s main website
Wild Home

Leave a Response

CAPTCHA