Bird watching

I went out in “bird watching” after a long absence.
I had three purposes.
Having had to sometimes move a car.
The state confirmation of the scope which I borrowed from an acquaintance.
To regain the perception of “the bird watching.”


カワセミ
Common king fisher

久しぶりに「鳥を見に」出かけた。
車をたまに動かさなきゃって言うのと、知人から借りたプロミナーの様子確認と、
鳥見の勘戻しのため。

もともと鳥見は得意なほうでなく、続けていないとすぐ知識と経験が抜ける。
今回は、痛烈にそれを感じた。

カモがわからない、チドリがわからない、
タカがわからないものがそれぞれ1個体ずついた。

アヒルがいて、「ハイハイ、アヒルアヒル」って無視してたら、
顔をよく見たらガンの顔だった。ということはこれはガチョウになるのかな。

明日から2日調査の仕事だが、「うそ」を書かないように十分に気をつけよう…。


ガチョウとカルガモとマガモ
Domestic Goose & Mallard & Spot-billed Duck

Baikada’s main website
Wild Home

Comments are closed.