2013
06.16

サキシマハブ
さきしまはぶ

先島飯匙倩
Protobothrops elegans
(Sakishima habu)

石垣島産
成蛇
撮影 : ばいかだ

棲息地
与那国島と波照間島を除く八重山諸島。
沖縄本島の南部と名護周辺で帰化。

特徴
全長 60~120cm。
体背面の地色は茶褐色~灰褐色で暗褐色の斑紋が左右交互に並び、しばしばそれがくっついてジグザグ模様になる。斑紋に縁取りはない。
顎の毒腺部の膨隆は著しい。目玉には横線が入り、虹彩と織り成す模様は+型に見える。


石垣島産
成蛇
撮影 : ばいかだ

虹彩は淡褐色~淡赤褐色。

体鱗
23~25列。
鱗にはキールがある。

習性
夜行性
地上~樹上性。
人家~森林性。

環境
八重山では人家周辺から山地で見られ、どこにでも現れうる。
道路でもよく轢かれている。

食性
小型哺乳類やカエルなどを中心に様々な小型脊椎動物を食べる。

幼蛇
尾の色が若干薄かったり黄色かったりする傾向。
他の部分では親とほとんど変わらない。


西表島産
幼蛇。道路の白線上にいる。
撮影 : ばいかだ


毒をもつ。動きがやや緩慢で比較的おとなしいが、咬傷は起こり得る。
ハブよりは毒も弱く、量も少ないので死亡に至るほどの被害は少ないと考えられるが、注意。

その他
動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)により特定動物(危険な動物)に指定されている。
飼育や保管には都道府県知事、もしくは政令市の長の許可が必要。
黒い色が欠けたような赤っぽい個体がいる。地元ではアカハブといわれ気が荒いとされている。


西表島産
アメラニスティック個体(黒抜け)
撮影 : ばいかだ


石垣島産
アメラニスティック(黒抜け)もしくはハイポメラニスティック(黒薄)と思われる個体
撮影 : ばいかだ

7月に5~13卵を産卵する。

貴重度
いる島にはとても多いです。日本固有種。
タイワンハブとともに沖縄本島への侵入が確認されています。

うんちく
雨天時に路上に現れるカエルを食べに、サキシマハブはよく道路にも出てくる。
帰化した沖縄本島では当初、雑種ハブも産出されたようだが、頻発しているわけではないようだ。


石垣島産
色彩が中間的な個体。これもよく見られる。
撮影 : ばいかだ


石垣島産
水辺で餌を待ち構えているものと思われる
撮影 : ばいかだ

参考文献
日本動物大百科5 両生類・爬虫類・軟骨魚類 平凡社
日本のカメ・トカゲ・ヘビ 松橋利光・富田京一著 山と渓谷社

注意
当ページは「へび図鑑」及び「携帯へび図鑑」の1ページです。今後も新知見等出ましたら随時更新されます。
なお、内容(画像を含む)の 無断転記・転載は禁止です。
使用する際には「ばいかだ」に一報し、サイト名(へび図鑑)、撮影者、引用URLを掲示してください。

撮影、説明の作成は、ばいかだ(徳田龍弘)が行いました。
ご意見、ご興味などありましたら私のサイトもご覧ください。”Wild home

Comments are closed.