2009
07.07

キール(隆条)

キールとは、体鱗1枚1枚にある盛り上がりのこと。
隆条ともいう。

撮影:ばいかだ

写真はヨナグニシュウダのキールの写真。
この細かな特徴だが、ヘビを掴んだ時にこのキールの感触でザラッと感じることが多い。
(特にヤマカガシなど)

アオダイショウは腹板に特殊なキールが発達し、側稜と呼ばれる。

注意
当ページは「へび図鑑」及び「携帯へび図鑑」の1ページです。

今後も新知見等出ましたら随時更新されます。
なお、内容(画像を含む)の 無断転記・転載は禁止です。
使用する際には「ばいかだ」に一報し、サイト名(へび図鑑)、撮影者、引用URLを掲示してください。

またその他の撮影、説明の作成は、ばいかだ(徳田龍弘)が行いました。
ご意見、ご興味などありましたら私のサイトもご覧ください。”Baikada.com

Comments are closed.