Menu

ガラスヒバァ

和名:ガラスヒバァ(烏ヒバァ)
英名:Pryer’s keelback
学名:Hebius pryeri


沖縄本島北部産・成蛇
撮影 : ばいかだ

棲息地
奄美諸島および沖縄諸島のほとんどすべての島

特徴
全長45~88cm。尾が長く頭胴長の1/2~1/3もある。胴の断面は円筒形よりは三角形に近い(痩せ型に見える)。頚背部にV又はY型の明斑をもつ。


久米島産成蛇
撮影 : ばいかだ

体背面は黒褐色あるいは暗灰色、緑がかることもある。体の所々に白色~黄色の明斑がある。


沖縄本島北部産成蛇
撮影 : ばいかだ

この斑紋は体の前半は大雑把に分布するが、後半になるにつれて小さく複雑化し、尾に至るとほぼ消失するパターンが多い。


沖縄本島北部産成蛇:頭部~頸部
撮影 : ばいかだ


沖縄本島北部産成蛇:頸部
撮影 : ばいかだ


沖縄本島北部産成蛇:腹部
撮影 : ばいかだ


沖縄本島北部産成蛇:尾の基部
撮影 : ばいかだ


沖縄本島北部産成蛇:尾部
撮影 : ばいかだ

腹面は白あるいはクリーム色。他のヒバカリ属と同じく、腹板の外側には小さな黒点が縦に並ぶ。


沖縄本島北部産成蛇:腹面頸部~腹部
撮影 : ばいかだ


沖縄本島北部産成蛇:尾の腹面基部
撮影 : ばいかだ

目の虹彩は黄色~赤。


沖縄本島北部産・成蛇
撮影 : ばいかだ

舌は赤からピンクで、先端が黒い。


沖縄本島北部産・成蛇
撮影 : ばいかだ

体鱗
胴の中央部付近で19列。鱗にはキールが発達している。


沖縄本島北部産・成蛇
(ぽこっと出ているところには条虫の幼虫が入っているものと思われる)
撮影 : ばいかだ

習性
夜行性の傾向が強いが、時々昼にも見かけることがある。地上性。樹上に上がることはほとんどない。気が短い個体が多く、よく咬みつく。


沖縄本島北部産・成蛇:威嚇姿勢
撮影 : ばいかだ

環境
カエル類の捕食をすることが多いため、山際の田圃や水辺、山地で見られる事が多い。

食性
カエルやオタマジャクシが主食。トカゲモドキなどの小型のトカゲ類も食べる。

幼蛇
親と大きな違いはない。そのまま小さい。


ヤマカガシと同様、デュベルノイ腺から毒を分泌するが、毒自体は弱い。長く咬みつくことで、歯ぐきから染みだした毒が歯を伝って傷に入る。毒を効率的に伝わせるための構造(溝など)はない。
人体に影響を及ぼした例は今のところ無い。毒について記述したが、毒は弱く実害はない。実害がないことから、「毒ヘビ」として扱われることは、ほとんどありません。

その他
繁殖は5月下旬~8月にかけて産卵することが知られている。動きがとても素早い。

貴重度
水辺で比較的よく目にする。数は少なくない。日本固有種。
環境省レッドリスト及び、都道府県版のレッドリストの指定はない。IUCN版(世界版)Red-List Ver3.1でLeast Concernに指定されている。

うんちく
高速移動をし、掴めばまず咬みつく。そして弱くて影響が無いとはいえ、毒をもつ。写真を撮るのに非常に苦労します。慣れちゃえば…という気持ちも湧きますが、こういうことに関しての「慣れ」は油断を生むので、いつも慎重に扱いたい。何らかの理由で捕獲するときは、注意して扱うべく蛇だと思います。

参考文献
日本動物大百科5 両生類・爬虫類・軟骨魚類 平凡社
日本のカメ・トカゲ・ヘビ 松橋利光・富田京一著 山と渓谷社
日本の爬虫両生類157 大谷勉 文一総合出版
ヤマカガシ咬症 財団法人日本中毒情報センターホームページ 中毒情報データベース

注意
当ページは「へび図鑑」及び「携帯へび図鑑」の1ページです。今後も新知見等出ましたら随時更新されます。なお、内容(画像を含む)の 無断転記・転載は禁止です。使用する際には「ばいかだ」に一報し、サイト名(へび図鑑)、撮影者、引用URLを掲示してください。
撮影、説明の作成は、ばいかだ(徳田龍弘)が行いました。ご意見、ご興味などありましたら私のサイトもご覧ください。”Wild home